【Google Analytics 】「期待外れ」な記事を見つけ出すカスタムレポートをつくった。

最終更新日

Google アナリティクスを確認していて、直帰率の高さが気になったので、多少悪あがきをしようかなと。
SEOに関しては、まったくの素人なので分析とかは適当です。

やったこと

記事(ページ)ごとの、速度/直帰率/離脱率/訪問者数、を表示するカスタムレポートをつくります。

指標グループや、ディメンションの詳細の設定は以下のような感じ。

これでレポートの設定は終わり。

実際に作ったレポートを表示して、アドバンスフィルタで訪問者数の少ないページを切り落とします。
(訪問者数が少ないと、直帰率や離脱率があまりあてにならないので)
「アドバンス」のリンクをクリックして設定。

アドバンスフィルタを適用したら、直帰率でソートします。

注意するのは以下の2点

・直帰率・離脱率が高く、平均表示時間が遅いページ
これらは、ページの読み込みに時間がかかっていて人が離脱していってる可能性が高いので、画像を軽くするなどして対応。
(ウチの場合は、画像より外部からスクリプトを読み込んでいたりする記事はどうしても重くなるので、仕方がない部分だったりします)

・直帰率・離脱率が高いが、平均表示時間はさほど遅くなく、平均ページ滞在時間が短いページ
これが、ずばり訪問者からみたときに「期待外れ」な記事である可能性が大です。
記事へのリンクをクリックしてみたものの、「ちっ、使えねぇ」といって離脱してくタイプのコンテンツ orz

……まぁ、仕方ないね~

とりあえず、件のページの詳細を調べてみたところ「タブレット」「キーボード」というキーワードで流入してくる率が高いようなので、記事の冒頭にそれらのキーワードで入ってくる訪問者の関心を惹きそうな記事へのリンクを付けることで、対応してみました。
これで、ちょっとでも直帰率が減るといいなぁ。