GUNMA GIS GEEK

群馬県の片隅でオープンデータとデータビジュアライゼーションとGIS(地理情報システム)に戯れるエンジニアのブログ。

書籍

フレームワークの中身に興味がわいたら、この本がお勧め(しかも、今なら無料)

投稿日:2013年7月24日

今すぐ辞めて欲しい、「Ruby on Rails勉強してます」「CakePHP勉強してます」 | つい全力ツッコミしてしまうエンジニアCEOのブログ | sumyapp

「上から学ぶべきか。下から学ぶべきか。」見解の分かれるところなんでしょうけどね。
個人的には、上から学ぶ方がモチベーションは維持しやすい気はします。必要になったら下のレイヤーの事を学ぶというのも、まっとうな学習法で「今すぐ辞めろ」と糾弾するほどの事ではないかなーと。
ただ、初学者が特定のフレームワークにあまりに依存してしまって、そっから一歩も出ていかないということだとそれはそれで問題であることは確かなんですけどね。

もし、フレームワークの内側を知りたくなったら下記の本がおすすめです。

タイトルからは分かりませんが、「フレームワークを使ってWebアプリを作ろう!」という本ではなくて「Webアプリケーションフレームワークを自作しよう!」という内容の参考書です。
本書の中ではテンプレートエンジン、アプリケーションサーバやO/RマッパーなどをPythonを使って自作します。
それぞれ、シンプルな作りなので実用的か?といわれれば疑問ですが、いわゆるWebアプリケーションフレームワークというものの内側を勉強するとっかかりとしては非常に為になる参考書だと思うのでお勧めです。

作者さんが無料で公開されているので下記で読むことができます。

みんなのPython Webアプリ編
(2007年に出版された本なので、使用しているpythonのバージョンがちょっと古いので注意が必要です)

-書籍

執筆者: