WordPress の記事にD3.jsで作ったグラフ等を埋め込むプラグイン「WP-D3」

最終更新日

WP-D3

インストール

「プラグイン」メニューの「新規追加」から「WP-D3」を検索してインストールしてください。

WP-D3

使い方

プラグインをインストールすると、記事投稿画面のビジュアルエディタにWP-D3のアイコンが追加されます。

WP-D3

アイコンをクリックすると入力ホームが表示されるので、そこにJavaScriptを書きこむだけです。

WP-D3

タブ名がD3.jsを使って描画を行うdiv要素のクラス名になっているので、それをselectしsvg要素を追加するなどして使います。

例えば今回の場合、タブ名は「wpd3-3567-0」なので、そこに赤いcircle要素を表示するサンプルは以下のようになります。

余談

デバッグはちょっとメンドウです。

WP-D3