GUNMA GIS GEEK

群馬県の片隅でオープンデータとデータビジュアライゼーションとGIS(地理情報システム)に戯れるエンジニアのブログ

D3v3 datavis

アメリカの銃乱射事件をカレンダーに視覚化してみた。

投稿日:

Mass Shooting Trackerというサイトで2013年から2105年現在までの銃乱射事件に関するデータがcsvファイルで公開されていたのでカレンダーにして表示してみました。ついでにジオコーディングにかけてマッピングもしてみました。元データには大まかな住所データしかなかったのであくまで目安です。

massshooting

Mass Shooting Maps

Mass shootingの定義は媒体によってまちまちなのですが上記サイトでは「四人以上の死傷者がでた発砲事件」としているようです。
つまり、すべての発砲事件が掲載されているわけではないのですが、それでもカレンダーに表示してみるとほぼ毎日のようにどこかしらで事件が発生しているようです。びっくりですね。

距離的に近い事件は、発生日もちかかったりするのかなと思い、地図上で範囲を選択できるようにしてみたのですが、実際には日時も場所もバラバラで役に立ちませんでした。

その他、カレンダーの日付をクリックすると事件の詳細を画面下のテーブルに表示します。

興味があれば見てみてください。

About Me

著者: 清水正行
所在地: 群馬県高崎市

群馬・東京間を行き来する出稼ぎエンジニア。GIS(地理情報システム)・データビジュアライゼーション・オープンデータなどについて書いてます。