GUNMA GIS GEEK

群馬県の片隅でオープンデータとデータビジュアライゼーションとGIS(地理情報システム)に戯れるエンジニアのブログ

D3v3 datavis maps

過去の震災データを並べて視覚化してみた。

投稿日:2016年2月17日

もうすぐ3月11日。震災から5年経ったわけですが、時が経つのは早いものですね。

Map of Worldというサイトで東日本大震災を含む、1902年〜2015年までの間で死者数が1000人を超える地震のデータが公開されていたので、そのデータをビジュアライズしてみました。

earthquake histroy

Demo

赤い円が死者数、青い円がマグニチュードの大きさです。
点線は最大値の直径になります。
左上のセレクトメニューから「年月日」「死者数」「マグニチュード」順に並べ替えが行えます。

元データに井戸経度の情報があったので、地図でも表示してみました。スクリーンのサイズが横幅960px以上ある場合、セレクトメーニューで「地図」を選ぶことができます。

earthquake histroy
濃淡が判別しにくいですが、色の濃い地域は震災の多い地域です。
やはり環太平洋ベルト地帯付近での発生数が多い模様。

全体的に近年に近づくほど死者数が増えているようです。マグニチュードの大きさと死者数は比例していません。やはり被害の大きさは地震そのものより他の要因、津波や人口集中地であるか否かなどにさゆうされるようですね。

マグニチュードの大きさに対して死者数が多かった例。
・ハイチ地震 (2010年)
earthquake histroy

逆にマグニチュードの大きさに対して死者数が少なかった例
・チリ地震 (1960年)
earthquake histroy

・東日本大震災
3.11earthquake

・阪神淡路大震災
hansin.awaji.earthquake

・関東大震災
kanto.earthquake

About Me

著者: 清水正行
所在地: 群馬県高崎市

群馬・東京間を行き来する出稼ぎエンジニア。GIS(地理情報システム)・データビジュアライゼーション・オープンデータなどについて書いてます。