GUNMA GIS GEEK

群馬県の片隅でオープンデータとデータビジュアライゼーションとGIS(地理情報システム)に戯れるエンジニアのブログ

D3v4

二次元カーネル密度推定プラグイン「d3-contour」

投稿日:

d3-contourは、二次元の値を持つ配列にたいして輪郭ポリゴンを生成するD3プラグインです。
GeoJSON MultiPolygonジオメトリオブジェクトとして出力されるので、散布図以外にも地図上のポイントを元にした等高線やヒートマップの生成などに利用することができます。

サンプル

群馬県オープンデータサイトにて公開されている「AED設置場所情報」から、高崎市のデータを抜き出し、d3.contourDensityメソッドを使用してヒートマップを作成しました。

example

d3.contourDensityの利用法はとても簡単で、基本的にはx,yに対応するアクセサを指定してあげれば、閾値に準じた輪郭ポリゴン(geojson)を生成してくれます。

About Me

著者: 清水正行
所在地: 群馬県高崎市

群馬・東京間を行き来する出稼ぎエンジニア。GIS(地理情報システム)・データビジュアライゼーション・オープンデータなどについて書いてます。