[Komodo Edit]複数端末でスニペットやマクロを同期(共有)させる

最終更新日

時の流れは残酷なもので、2019年現在、私はVisual Studio Codeへ移行しました。


komodoTools

Dropbox等を使って複数の端末にインストールされたKomodo Editのtoolboxを同期させることができます。

WindowsとMac間でもスニペットやマクロの共有が可能です。

やりかたは、とても簡単。

toolboxのディレクトリ(tools)をDorpbox等に移動して、元の場所にシンボリックリンクを貼るだけです。

toolsディレクトリの場所はKomodo Editを起動し、toolbox上で右クリック「show Exploer(show Finder)」を選べばtoosフォルダが開きます。
komodoTooboxrightClick

toolsフォルダまでのパスを調べたらDropboxに移動し、シンボリックリンクを貼ってください.

WindowsのmklinkコマンドとMacのlnコマンドで引数が逆になるので注意。(mklinkは管理者として実行しないとダメ)
macの場合、Komodo Editのパスに”/Application Support/”が含まれると思うのでダブルクォーテーションで囲みます。
また、mklinkの場合は「/d」オプションを忘れずに。

【関連記事】
Komodo Editをとりあえず使ってみるための基本的な設定
[Komodo Edit] スニペットを使う
[Komodo Edit]マクロを使う