あなたもKomodo Editを使いたくなる、10のTIPS

最終更新日

時の流れは残酷なもので、2019年現在、私はVisual Studio Codeへ移行しました。


布教のかいなく、周囲ではまったく愛好者が増えない「Komodeo Edit」。
悲しいので人によっては心をくすぐられるかもしれない(?)小技を集めてみました。「Komodo Editって何?」という方は、過去の記事を先にご覧ください。

Komode Edit 記事一覧

以下「それvim…」とか「それema…」とか禁止。

Komode Edit Tips

1.URLをクリックで開く

ドキュメント内のURLを「Ctrl」ボタンを押しながらクリックすると、デフォルトブラウザでURLを開きます。
相対パスの場合は、エディタで対象ファイルを開きます。
komodoeditTips1

2.ファイル毎のエディタ設定

ファイルツリーに表示されているファイル上で右クリック「Properties」を選択するとファイル毎の詳細設定が行えます。
インデントスペースの設定なども、ファイル毎に設定を変えることもできます。
komodoeditTips11

3.定義元へジャンプ

変数名、関数名、クラス名、メソッド名などを選択して「Ctrl+G」を入力すると、定義された位置へジャンプします。

4.Calltips

Komodo Editでは定義したファンクションやメソッドのcalltipsを表示してくれますが、関数定義の直前にコメントを書くとcalltipsにコメントも一緒に表示してくれます。
kodeeditTips2

5.ファンクションブロック選択

「Ctrl+b」で、カーソルの現在位置が含まれる関数ブロックを選択します。
komodoeditTpis3

6.カッコ内を選択

「Ctrl+Shift+]」で、括弧内を選択します。
komodoeditTips6

7.複数選択

「Ctrl+d」で複数の単語を選択できます。
選択した文字列は一括編集することができます。
複数選択を解除するには「Esc」ボタンを押します。
komodoeditTips4

8.矩形選択

「Alt」をクリックしながらドラッグすることで、長方形に範囲選択することができます。
選択した内容は、一括編集することができます。
komodoeditTips5

9.選択なしショートカット

なにも選択しないで「Ctrl+x」した場合、カーソル行を丸ごとカットします。
コピーなども選択してない場合は行まるごとが対処になります。

10.コードミニマップのフォントサイズ変更

表示されているコードミニマップ上で右クリック「increase Font size 」を選択すると、ミニマップのフォントサイズを大きくすることができます。