エディタをKomodo Editに変えた10の理由

最終更新日

201111241903.jpg

 

いままで、windowsでは「notepad++」を、macでは「Coda」「CotEditor」をメインに使っていたのですが、気まぐれにインストールした「Komodo Edit」がかなり便利だったので、1週間ほど利用してみて感じた便利ポイントを記載してみます。

1.マルチプラットフォームwindows, mac, linux に対応

OSが変わっても同じエディタが使えるのは便利です。

 

2.ファンクションブロックなどを折りたためます

地味ですが11インチのノートPCなどでコーディングする際には、個人的に必須。

 

3.サーバー上のファイルを直接編集できます

ものぐさなのでやはり必須。

 

4.コード補完機能が便利

PHP, Python,  Ruby, Javascript、他、jQueryやExtjsなどの補完が可能 です。

 

5.構文チェックが便利

書いたそばからエラーチェックをしてくれます。

index.js-_Downloads_test-Project-MyProject-1.jpg
 

6.対応している言語が豊富


 

7.スニペット機能が便利

例えば以下ののようなスニペットを保存しておくと

sni

スニペットを貼付けた際に[[%tabstop]]と記述した場所にフォーカスが当たり、TABキーでフォーカスを移動することができます。これが地味に便利!

 

8.vi風のキーバインドが利用できます

viは良い。Emacs風のキーバインドも可。

 

9.アドオンが豊富

便利なアドオンが多数。

http://community.activestate.com/addons

zen-codingのアドオンなどもあります。

http://community.activestate.com/xpi/zen-coding

 

10.Javascriptやpythonでマクロが書けます

例えば以下は、カラーピッカーで選択した色のカラーコードを差し込むマクロ。

http://community.activestate.com/forum-topic/color-picker-macro-useful-css

 

以上、個人的に便利だと思った機能を羅列してみました。

他にも便利な機能が多数そなわっているのですが、まだまだ使いこなせていません。

みんなも、Komodo Edit 使うといいよ、色々と捗るぞ。

Komodo Edit

 

【関連記事】
Komodo Editをとりあえず使ってみるための基本的な設定
[Komodo Edit] スニペットを使う
[Komodo Edit]マクロを使う
[Komodo Edit]複数端末でスニペットやマクロを同期(共有)させる
Komodo Edit 8.0にしてみた。
 

 

1件のコメント