iPhoneで複数のWebサイトの生存確認を行うアプリ「Scott’s Pinger」

最終更新日

Scott's Pinge

複数のwebサイトを管理していると、iPhoneから簡単にそれらの生存確認(ちゃんと表示されているか)ができたらいいなと思うことが多々あるのですが、そんな時にぴったりなアプリがあったので紹介します。

いままでもPing(ICMP)を使ってサーバーの生存確認を行うアプリを使ってはいたのですが、サブドメに振り分けていたり、1つのサーバーで複数のWebアプリを走らせていたりするので、URL単位で生存確認ができるアプリを探していたところ「Scott’s Pinger」を見つけたのでインストールしてみました。

機能はとてもシンプルで、登録したURLにリクエストを送りヘッダが返ってくるまでにかかった時間を出力します。
Webページがみれなくなっている場合は赤く「failed」と表示されます。

ワンタッチで登録したすべてのURLのチェックを行えるので、気軽に使えてとても便利です。

複数のWebサイトを管理しているWebマスターにお勧めのアプリです。

Scott's Pinger icon

【余談】
他にポート単位で生存確認ができるという便利なアプリもあってインストールしてみたのですが、実際にデーモンを落としたりして確認してみたところちっとも正しく判断してくれずあまり当てにできない感じでした。アップデートなどで、ちゃんと使えるようになったらこのブログで紹介したいと思います。