[iPhone]いつでも、どんなアプリにもスニペット(定型文)を呼び出して貼付けられるカスタムキーボード「Snipboard」

最終更新日

Snipboard

Snipboardは、あなた自身のスニペットをフルに利用できるカスタムキーボードです。電子メール、アドレス、署名、またはテキストの任意の部分、あなたの指先で、何度も何度も入力する必要はありません。

登録した定型文をタップするだけで、あらゆる場所に張り付けられるシンプルなスニペット機能を搭載したカスタムキーボードです。
長文や改行、絵文字を使った文章も登録できるのでユーザー辞書より少しだけ便利かもしれません。
スニペットをカテゴライズして管理するなどの機能はないので、登録した定型文の数が増えてくると管理が大変かもしれませんが、十分実用的で今後のアップデートに期待が募るアプリです。

インストールと初期設定

Appストアよりダウンロード/インストールしてください。

インストールが終わったら、iPhone設定画面からカスタムキーボードとして「Snipboard」を登録します。
「一般」→「キーボード」→「キーボード」→「新しいキーボードを追加…」→「Snipboard」を追加する

snipboard

追加された「Snipboard – Snipboard」をタップし、フルアクセスを許可します。

snipboard

参考:
iPhoneで他社製キーボードのフルアクセスを許可すると個人情報が送信されるという誤解

定型文の登録

Snipboardアプリを起動し定型文を登録します。
アプリ右上の緑色の+ボタンから定型文の追加が行えます。
デフォルトでいくつか英語の定型文(操作方法)が登録されていますが、削除してしまってもかまいません。

snipboard

使い方

文字入力の際にキーボードが表示されたら「キーボード切換えボタン」を押してSnipboardを表示します。
デフォルトでは下記のような英字キーボードが表示されるので、キーボード上で左にスワイプしてスニペット画面を表示します。

snipboard

スニペットを選んでタップすると、定型文が貼付けけされます。

snipboard