ブラウザにデータを保存したいときに便利な「store.js」

最終更新日

store.js

「最新閲覧履歴」機能などを作成するのに便利なライブラリです。
ブラウザ側にデータを保存するには、Cookieを使ったりlocalStorageを使用するなど様々な方法がありますがどれも一長一短で、ブラウザによっては実装されていなかったりといろいろ面倒です。
store.jsはその辺をよきに計らってくれて、また対応ブラウザが多いので手軽に使用することができます。

使い方は非常にシンプルです。
store.jsを読み込んで、あとはset,get,removeメソッドを使ってデータを操作します。

オブジェクトや配列も保存することができます。

example