ADDRAjaxとAjaxZip2を組み合わせて使う。

最終更新日

都道府県名→市区町村名→町域とドリルダウンで住所を検索し、セレクトボックスに反映させるADDRAjax
郵便番号から住所を検索するAjaxZip2
どちらも、非常にお世話になっているライブラリなのですが、この二つを組み合わせて使いたいケースが結構あります。そのままでは、上手く組み合わせる事ができなかったので両ライブラリの間を埋めるスニペットを作成しました。

※注意
作ってから気付いたのですが、両ライブラリの作者さんがJsonpZipという、まさにドンピシャなライブラリを作成されていました orz
郵便番号検索→ドリルダウン反映だけでなく、ドリルダウン検索→郵便番号反映という両方の検索に対応されているので、こちらのライブラリを使わせていただきましょう。

JsonpZip プレビュー! 住所プルダウンから郵便番号自動入力

スニペット

使い方

jQuery、ADDRAjax、AjaxZip2を読み込んだ後にzip2addrajax.jsを読み込みます。
zip2addrajaxメソッドの引数に郵便番号(前半)、郵便番号(後半)、ADDRAjaxのインスタンスを渡すと、ドリルダウンに反映されます。

サンプル

郵便番号(半角数値)を入力すると住所がセットされます。
addrajax & ajaxzip2

example