Reveal.jsをMicro:bit(chibi:bit)でコントロールする。

最終更新日

Reveal.jsで作成したスライドをchibi:bitで操作してみます。

仕組み

chibi:bitとMacをBLEで繋ぎボタン操作を取得します。それをwebsocketを通じてReveal.jsに伝達することで、スライドのページめくりを実装しています。

サンプルコードは下記リポジトリにアップしてあります。

shimizu/microbit-ble-example: node.jsでmicrobitをBLEを使って操作するサンプル

node-bbc-microbit

node.jsライブラリ「node-bbc-microbit」を使用することで、chibi:bit(micro:bit)をBLEでパソコンにつなぐことができます。
node-bbc-microbitの使い方については、READMEに掲載されているのでそちらを参照してください。

sandeepmistry/node-bbc-microbit: Control a BBC micro:bit from Node.js using BLE

ボタン操作を取得するサンプル

スライド操作サンプル

Reveal.jsで作成したスライドを表示するために、webサーバーとして「serve-static」モジュールを使用しています。websocketサーバーは「socket.io」を使用。
BLEでは、非同期処理がどうしても多くなるのでpromisでまとめました。