node.js + restify + mongoDBでお手軽 JSON Web API 作成

最終更新日

Comments: 0

npm registry を探っていたら「restify」という便利そうなフレームワークを見つけたので使っててみました。

restify
 

restifyは、REST Webサービスの構築に特化したフレームワークです。
Expressからテンプレート機能とかを省いて、便利な機能を付け足した感じです。

restifyのインストール

 

とりあえず、公式サイトにあるサンプルコードを動かしてみます。

 

実行

http://<ホスト名>:8080/hello/<任意の名前>
ブラウザで上記のURLにアクセスすると

hello <任意の名前>
とレスポンスが帰ってきます。
URLのルーティング処理が簡潔にかけて便利ですね。

 
 

■ ゲストブックの作成

「restify」をググっていたら、restifyを使ってゲストブックを作成するチュートリアルを見つけたので、それを参考に簡単なゲストブックを作ってみます。

参考
Simple example – Node.js, Restify, MongoDb and Mongoose

データベースにはMongoDBを使うのでインストール。
インストール方法は以下を。
MongoDBのインストール

node.jsからmongodbへアクセスするためのモジュールをインストール。

 

・ゲストブックに使うWeb APIサーバーを記述

8080:/message にPOSTリクエストでname,commentを送信するとmongoDBに保存します。
8080:/message にGETリクエストを送信すると、保存されているすべてのデータをJSONで返します。

とりあえずテストしてみます。

 
・サーバー起動

 
・書き込みテスト
POSTリクエストを送信して、メッセージを書き込みます。成功すると書き込んだ内容がjsonで帰ってきます。失敗するとエラーメッセージがjsonで帰ってきます。

 
・読み込みテスト
GETリクエストを送信して、書き込んだ内容がちゃんと帰ってくるか確認します。

 
・mongoシェルで確認
ちゃんと書き込まれているか、一応mondo側でも確認。

 
ひとまず、これでゲストブック用のWeb APIができました。

 
 

・ゲストブックページを作成
jQueryとjQuery.Modelプラグインを使って作成します。

 
 

・ブラウザで確認
guestbook.htmlにアクセスして、ちゃんと書き込みができればできあがりです。
↓こんな感じ
 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください