node.jsでファイル監視を手軽に行えるモジュール「chokidar」

最終更新日

node.jsにはファイル監視を行えるAPI「fs.watch()」や「fs.watchFile()」がありますが、なんだかんだいろいろめんどくさかったりします。

【参考】Node.js の fs.watch() と fs.watchFile() の違い – てっく煮ブログ

そういったメンドクサイ部分を綺麗にラップしてファイル監視を手軽に行えるようにしたモジュールが「chokidar」です。

サンプル

スクリプトを起動したカレントディレクトリ(子ディレクトリを含む)を監視して、ファイルの追加や削除、編集などが行われたら通知します。

ファイル監視

「ファイルが更新されたら○○する」みたいなスクリプトが手軽に書けて便利です。