iPhoneとopenFrameworksで遊ぶ。

最終更新日

Comments: 0

openFrameworks楽し〜♩

openFrameworksについては以下を。

openFrameworksから拡がるメディアアートの世界

C++のライブラリですが、iOS版を使えばカメラから取り込んだ画像にエフェクトを掛けるようなアプリを簡単に作る事ができます。

まぁ、私の環境(Max OS Lion + Xcode 4.3.2 + openFrameworks 7.0)では、exampleをビルドすると大量のwarningを吐いたり、ちゃんと動作しないexampleがあったりと多少手こずりましたが。
(warningについては、ビルドは通るし実機に転送して実行しても問題なく動くので放置してますw)
しかし、Objective-Cで同じモノを作るのを考えれば圧倒的に楽! (というか、Objective-Cに関してはまったく知識がないので、コードが読めない orz)

まぁ、実用的なアプリを作るのにはあまり向いていないでしょうけど。

iPhoneアプリ作成の勉強を初めてみたものの、Objective-Cの書式に慣れず入門辺で心折れそうになっていたので、しばらくはopenFrameworksで遊んでみようかと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください