GitHubにいつの間にかSTLファイルビューア機能が実装されていた。

最終更新日

githubstlviewer

example
(約20MBほどあるので、表示されるまでにちょっと時間がかかります)

上記は、「全国市区町村界データ | 製品 | ESRIジャパン株式会社」のShapeファイルを各市区町村の人口数を高さに適用して3D化(STLに変換)したものです。

いつの間にかGithubにSTLファイルをアップすると、Web viewerを通して3D表示されるようになっていました。
これは便利ですね!

STLファイルとは

Standard Triangulated Language – Wikipedia

ShapeファイルからSTLファイルへの変換

shp2stlを使用しました。