タブレット端末にキーボードを付けて使う意味

最終更新日

Comments: 0

【参考】
iPadでプログラミング&デバッグ(Web系)
Striking.lyにも負けない?! iPadのらくらくホームページ作成アプリ「HTML Egg」


iPadと外付けキーボードを付けて持ち歩いています。

で、これを言うと「外付けキーボードと一緒に持ち歩くなら、ノートPCでいいんじゃない?」と良く言われるんですが、タブレット+外付けキーボードにはノートPCに無い利点が有ります。

一言で言うと「キーボードが簡単に買い替えられる」

壊れたら家電量販店ですぐ代わりのキーボードを購入できる。

自分の使い方が悪いのかもしれませんが、ノートPCを使っていて一番故障が多いのがキーボードだったりします。

特定のキーが押せなくなったり、効かなくなったり……

メインで使っているMacBook Airも既に「英数」キーが効かなくなり、しかたがないので「かな」キーをトグルにして入力モードの変更を行っていたりします。

でも、最近「スペース」キーや「▼」キーの効きが怪しくなってきてます orz

修理にだすにも、なかなか時間がとれなくて困ったりするんですよね。

かといってノートPCで外付けのキーボードを使うと場所とるし。

ぶっちゃけ、キーボードの無いMacBookをAppleが出してくれないかな? なんて思ったりするんですがw

まぁ、見込みうすなので、iPad + 外付けのキーボードが今の所マストな選択になってます。

今後、タブレットタイプのwindows8端末が出てくる事に、密かに期待してます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください