Rhinoを試してみました

最終更新日

ちょっとしたスクリプトを書くときに、できるだけいろんな環境で使い回しができると便利だなと思いRhinoを試してみました。
まぁ、GroovyとかJythonとかJRubyとかいろいろ他にもあるんですがRhinoを選んだのは単にJavaScriptが好きだからです。

Rhino公式

■各環境に開発環境をインストール
javaランタイムはインストール済みを前提

・windows
詳しい記事があるのでそちらを参照

・Mac
MacPortから簡単にインストールできます。

・Linux(CentOS)
yumで

これでRhinoが使えるようになったので、とりあえず下記サイトを参考にスクリーンショットを取るスクリプトを書いてみます。

Java画像メモ

上記をtest.jsとして保存。

実行。カレントディレクトリにスクリーンショットが保存されます。

javaのライブラリを簡単に扱えて便利ですね。

java.awt.Robotクラスを使えば、マウスやキーボードの操作もできるので、自動化スクリプトを書くにも使えそうです。
swingを使って、ちょっとしたGUIアプリなんかも作れます。