Kali Linux NetHunterで「GPG error」が出て「apt-get update」が出来なかった時の対処法

最終更新日

溜まっていた楽天ポイントの使い道を探していたところ、楽天市場で中古のNexus5が相場より安く(7600円)売られていたので、購入してみました。
WILLCOM 03以降、ずーとiPhoneユーザーだったので初Android端末になります。

値段的にも最悪なにかやらかして文鎮化しても諦めがつく価格なので、以前から興味があったKali Linux NetHunterなどをインストールして遊んでいます。

で、ここからが本題。

Kali Linux NetHunterのインストール自体は滞りなく済んだのですが、ターミナルからapt-get updateapt-get upgradeコマンドでパッケージのアップグレードを行ったところ、それ以降updateを行うとGPG errorが発生して、一切パッケージのアップデートができなくなりました。同時にインストールもできなくなってしまったので新たなツールの追加もできません。

ググって観たところ、パブリックキーを再取得すれば解決できるらしいのですが、そもそもキーを取得するためのKeyserverがわからず探し回ることに。
最終的にhkp://keys.gnupg.netから取得できるということがわかったので、メモがわりにここに記載しておきます。

2019-7-9現在、以下のコマンドでパブリックキーの再取得ができています。
なお、KEY IDGPG errorが出力するエラーメッセージの中に記載されていると思うので、そちらを入力してください。

・実行画面