[Webix]HTML要素にWebixコンポーネントを埋め込む

最終更新日

Webix Advent Calendar 2014 3日目の穴埋め記事です。

WebixではUIをすべてJavaScriptで作成する以外に、HTML要素(主にdiv)を元にコンポーネントを埋め込んで画面を作成することができます。
画面内の一部の要素にWebixをコンポーネントを使用したい場合に便利です。

サンプル

カレンダーコンポーネントとチャートコンポーネントをdiv要素を元に表示します。
webix div layout

example

コンポーネントをHTML要素に結びつけるのにはcontainerプロパティを使用します。
束縛したいHTML要素のID属性値を指定すればコンポーネントが埋め込まれます。